アトピーの保湿

安く簡単に保湿する。

女性

アトピーだからと言って皮膚科で保湿する薬を入手しなければならないわけではない。保湿する化粧品はドラックストアなど市販のもので十分である。 しかし、市販のもので十分だと言ってもできたら無添加で無香料のものが良い。 安いものでは白色ワセリンやヒルロイド、ベビーオイルがおすすめである。 ベビーローションは乳成分が入っているものがあるため、あまりおすすめはできない。 アトピーが酷く出ている箇所ではしみることもあるため保湿には白色ワセリンをおすすめしたい。 ベビーオイルなども香料が入っていないもので保湿できるので、安く長く使えるためおすすめである。 お風呂あがりに使うのにさらさらと使えるのはベビーオイルなので、夏場におすすめだ。

アトピーでもできる節約。

アトピーで保湿というと皮膚科ですすめられたものが良いのは当たり前である。 しかしアトピーの場合、しっかり保湿をすれば酷くなることは少ない。 毎日の保湿が大切なのである。 ドラックストアなどで安く手に入る市販のものを続けて使うことで、皮膚科に行く費用を浮かせることができる。 つまり、アトピーの保湿には地道な継続が必要なのだ。地道だけれども、継続することによりアトピーの酷い湿疹に悩まされることもなくなるからだ。 だから、アトピーがひどくなってから対処するのではなく日頃から安いもので良いので無添加無香料で低刺激のもので保湿を続けることが良いだろう。 けれどもひどくなったかもと思ったら、迷う前に皮膚科へ行こう。それも決断の一つである。